top of page

自分が幸せ、みんなも幸せ

更新日:2023年7月6日


阿智村の万葉浪漫ロードに歩きに行った。

はは木館から神坂神社までの道のり。

今日の参加は9人。

小学校1年生から5年生まで。

暑いと思っていたが意外にも涼しい環境で

歩く事ができた。


子どもたちが歩くと

必ずと言っていいほど

距離が空く。

その距離に気づきながら

声を掛け合って休んだり

歩調を緩めたりしながら進む。

(自分だけじゃなくて周りの仲間への意識があったよ💕)

車が通るところもあったので

その時はみんなが声掛け合いながら

「車‼️」

と言って脇にそれる。

ここ、大人スタッフの役割なのだけど

子どもたちも意識してくれて

歩いた。

(受け身じゃなくて自分たちが参加してる意識、自分も仲間も守る意識)



山道に入ってからはみんな

凛とした森の空気と涼しさに癒されながら

ただここにいる事を楽しんだ。

途中、イモリやカエルのいる鏡池



筍と蕨取ったおじさんと話する。

スタッフ蕨取りに途中夢中になるが

子どもたちが

蕨取りに何人か手伝ってくれた。

(変な大人に付き合ってくれてありがとう❤️)

これは来月塩揉みしたので

みんなで食べたいと思う。

皿投げの場所では

なぜかみんなで一緒に投げようよ!となり

みんなで投げる🤣🤣🤣🤣🤣

(自分だけとかじゃなくて相手を尊重しながら、結果みんなでやろう‼️になった)

みんなでやったら自分のがどれだか

分からなくて

どうなったか分からない子もいた。



ははき木のところでお昼ごはん。

今日は4月5月産まれののお誕生日会も兼ねていた。

それぞれの子がお祝いのお菓子をみんなに振る舞う。

お家でケーキを自分で作ってきてくれた子もいて

嬉しい嬉しいお誕生日会。

みんな自分の持ってきたお菓子を

振る舞って振る舞って

回り回って幸せの循環💖

(自分のお菓子を喜びで渡す子どもたち。それをもらうと幸せで自分も喜びで渡す。)

あぁ森の中で

将棋始めたり読書始めてる子もいたりして

集団なのにみんな自由で

みんなで自分でいい気分。

(集団の中いるけれど常に個である子どもたち)



ははき木の苔に感動したり

太陽の光の暖かみに感動したり

思い思いに過ごす貴重な時間。

そこから

最終地の神坂神社⛩

ここ神様いらっしゃいまして

子どもたち

なんか癒されましてね



巨木の栃木の木の葉っぱを拾った子たちが

なぜだか

顔の前に葉っぱをつけて

原始人みたいに振る舞い出した。

栃木の葉を付けてるので

トチ族だぁ‼️と言われ

原始人なみに

暴れ出す🤣🤣🤣🤣🤣



みんな楽しんで

楽しみまくって

あっという間の下山。

下では白蛇様にもお会いして

みんなとお別れ😭

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

1日通して

大人スタッフが感じた事。

みんな子どもたち

面白くて優しくて

繋がりあって

でも自分らしくいた。

幸せだった。

みんなが優しくて温かくて

ステキな空間がいつもできていた。

優しさがみんなを支え合って

争いのない世界。

幸せの循環の世界。

それは本当に楽しくて幸せで

あぁ❣️

こんな世界だけになったら

世界中、地球🌏中の人たちは幸せに

生きられるんだろうなぁと

思う。

すごいステキな子どもたちと

今日1日いられた事

感謝です❤️








閲覧数:28回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Bình luận


bottom of page