top of page

新しいチャレンジ、新しい仲間🌈


今日は、ドラム缶でパンを焼いて食べようというイベントを開催しました!


にじいろの子どもたちと、にじいろ初めましての子どもたち。

最初は、ゲームをしたり自己紹介をしたり。一歩…お友達との距離が縮まりました☺️


その後はグループでの活動❣️


パン作り、スープ作りのための準備をするにあたり、「どの仕事を、どのグループがやる?」

決めるためのゲームをしました。

仕事の内容が書かれた巻物さがし😁


しかし…なかなか見つからな〜い!

見つけたときは、「やったー!」と、また一歩お友達との距離が縮まりました💖


いよいよお仕事スタート❣️

火おこし初めてさん、のこぎり初めてさん、包丁初めてさん…。チャレンジのとき✨


経験のあるにじいろさんたちから「こうやるといいよ」と、アドバイスをもらったりしながらのチャレンジ。



「こわいから、やらない」と言っていた包丁の仕事。「やってみたい」の気持ちが湧いてきて、その気持ちに正直に行動してみたら、いつのまにか、野菜切りに夢中に✨

「こわい」は「たのしい!」に変わっていました🌈



そんな中、ついに、ドラム缶が登場❗️

パン屋さんがパンを焼き始めました。

火をつける仕事を子どもたちに任せてくださり、「火をつけたーい!」と、みんな意欲満々😆



火がついて、いよいよパン生地がドラム缶の中へ。


一方では、焚き火台で火の体験。

うちわで仰ぐと大きくなる火にハマり、ずっとパタパタやっている子たち。

火を囲んでしゃべりながら、仲良しになっていく🍀


「パン焼けたよー❣️」

わ〜っ✨と、みんなが集まり、出てきたパンは…?

「大きーい❗️❗️」

生地のサイズからは、想像できないほど、立派なパンが✨



焼きたては、みんなで引きちぎる💕

「あっつ〜い!」「軍手つかう?」なんて、気遣い合いながら、熱々を分け合いました。

その焼きたてのパンの美味しさ…


たまりません💖



「おいし〜い!」と、幸せそうな顔、顔、顔😊

「どんな味する?」と聞いたら「濃い!」との答えが。

小麦、酵母の味、香り…。しっかり詰まっているのを感じたのでしょうね💕

そんな感性も磨かれる体験となり、うれしいなぁと感じました。


スープもできあがり、お昼ご飯。

「3杯目!」「5杯目‼︎」と、おかわりしてない子はいないんじゃないかというくらい、みんなよく食べてました😁

大きな大きな鍋は、空っぽになりました❣️


自分たちで切った野菜、自分たちでおこした火、お手伝いのにじいろお母さんたちが味付けして煮てくれたスープ✨

そして、気持ちの良い青空と春の陽射しの下でみんなで食べる…。

すべてがそろったことで、子どもたちの食欲を増幅させていたのかな〜と感じました。



食後は、おなかいっぱいのはずだったけど、ちょこっとデザートのマシュマロ💖

「いくつある?」「1人何個たべれるかな?」

「小さい子にもあげよう!」

など、子どもたちが話し合いました😃



またしても、みんなで火を囲む。マシュマロに集中しているようで、みんなの繋がりを感じる時間でした。




その後は、自然とみんなが集まって、鬼ごっこ😆

初めましての距離感ではない。まるで、ずーっと前から仲間だったような空気感✨



「もっと遊びたい!」「また会いたい!」


次もあるかもしれないし、ないかもしれないけど、今日の一瞬一瞬の体験が、人との繋がりが、きっと子どもたちの中に何か沁み込んでいるだろうと思います🌈


(今回参加してくれた、みんな❣️もちろん、またお待ちしています😁)

閲覧数:12回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page