top of page

にじいろ染めで伝えたい

楽校にじいろのはなでは

活動内でにじいろ染めをよくやっている。


私はにじいろ染めに、楽しいだけではない、秘められたパワーがあることに気づいた!


数ヶ月前に、国内の子どもの自殺が過去最多になったと話題を耳にした。


病気よりも、自ら命を絶つ子どもの方が多いなんて…。

と、その後、湧き立つような

悲しさや怒りが込み上げてくるのを感じた。


「なんとかしたい!子どもの自殺をなくしたい!」

と、思ったときに浮かんだのが、にじいろ染め。


にじいろ染めに使う、3つの色には意味がある。


黄色…心の光

青色…心の闇

赤色…血、肉体=自分


私自身、子育てを始めてから

自分の感情と向き合うことを知った。


幸せな明るい光のような感情

「自分はダメだ」と自己否定に陥るときの暗い闇のような感情。


今でも苦しくて、もがいているときはある。


でも、それもいいと思えるようになってきた。

「私は私のままでいい、自分が好き!」


にじいろ染めで、伝えられるのでは⁈

体感してもらえるのでは⁈と、ひらめいた。


その想いを、にじいろスタッフに共有すると賛同してくれて、すぐに実行に向けてサポートしてくれた。


同じ想いで、アート&メッセージ展もやろう!

と言ってくれた。


にじいろに子どもたちにも力を貸してほしいと伝えると、「いいね!」「やろう!」「自殺をなくしたいね!」と、言ってくれた。


心強いサポートのおかげで

あっという間にカタチになった。


当日、目標としていた通り

50名ほどの子どもたち、親御さんが参加してくれた。


出会ったすべての人たちと、そして、にじいろメンバーもみんな、この場でつながり合いたい。

そんな1日にしたいと想いを持ってスタート。


初め、表情のかたい子どもも親御さんもいたけれど、にじいろ染めを体験しているうちに

表情が緩んでいくのを感じた。


「楽しい!」「この色好き」「癒されますね…」

笑顔が、あちこちで広がっていく。



にじいろの子どもたちも、動いてくれた。


いろいろ気がついて動いてくれていたAちゃん。

もっと何かしたい!何をすれば?と


葛藤していたけれど


お客さんににじいろ染めを教えたい!

の想いをもって、自ら動き、1人のお客さんに寄り添って教えることができた!



Aちゃんの表情も明るくなった。


笑顔が広がって、つながって…。

そして、できた、にじいろの作品。


同じものは、一つもない。どれもオリジナル。

世界に一つ。


1人1人、1つひとつが輝いていた✨


誰もが、どれもが、素晴らしい🌈


出会えた皆さんが、にじいろの作品と一緒に


輝く命を大切にしてくれることを願って…。



かなえん

閲覧数:14回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page